古いアパートのベランダに立ち僕を見下ろして少し笑った

寝ても寝ても眠い。

最近本当これに尽きます。寝ても寝ても眠い。っ ̫ -˘ 寒いより全然マシなんだけど夏なのに夏らしいことしてないから夏の良さもあんまり感じられてないんですよね!!!!!!!はー海に行きたいっ ̫ -˘

 

ブログ毎日書くのすっかり忘れてました。もう書き方忘れて新規投稿どこからやるのか探すのにしばらく時間かかりました。まじでバカ。アプリだからログインするのに手間が入らないのが本当に唯一の救いです。pixiv sketchもそのおかげで続けてるようなところあるからな…

 

ところで!

さっきpixivに特に意味もなくログインしたんですが(マジで珍しい行為)、しかもパスワードいまさら記憶定着してきて珍しく一発ログインできたので横断歩道とかダンプカーとかを選ばずに済んだのでハッピーだったんですが、はじめて!!!ハートマーク押した後それをどこで見返せるのか分かりました。大成長。ていうかまじでわかりにくくないですか?!わたしはTwitter熱心にやってた頃はいいねしたツイートのことめちゃくちゃ好きだからTwitter開くたびに自分のいいね欄見てたしいいねしたツイートが多くなりすぎると見返せなくなるから必ず100を超えないように調整してました。フォロー数フォロワー数とか何も考えず何も把握せず適当にやってたけどいいね欄に関してだけはガチ勢だった。今Twitterあんまり見てないけど、Twitterで知らない人のアカウントこの人どういう人だろ〜って見てみたい時絶対その人のいいね欄見ちゃいます。人間って何を好きかで出来てると思いませんか??!好き嫌いって人間だけの感情だと思うので。私はそう思っています。🌷🌷なので自分がハートマーク押したものってもっと何度も何度も見返しやすい仕様にしてほしいけどな〜。利用者の大多数はそういう感じじゃないのかな。そんな暇もないかあ、新しい情報はとてつもないスピードと量で常にやってくるしなあ。なんにせよpixivについてまだまだ無知すぎてやばいなと改めて思いました。いまだにハートマークとにっこりマークの違いわからんし、フォローすると何がどうなるのかわからんし、多分しばらく使ってなかったから10年前くらいに通知を全部オフにしたらしくて通知欄なんも来ないからまじでなんもわからん。できたら通知をオンにしたいがどこでするのかわからんしわざわざ調べて頑張るほど通知の必要性も感じない。(弱小アカウント)

通知欄昔うさぎのマークじゃなかったですか…?本当に10年前くらい。あと星が10個並んでて評価みたいな制度があって間違えて1とか押しちゃうと直せないからほんとにすみません!😭😭😭😭によくなってた。全然よく覚えてないから幻覚の記憶かも。

それで、自分がいいねした絵を自分で見て初めて知ったのが、非公開になったやつっていいねした人からはこんなふうに表示されるのか〜!ということ!これじゃ元々何の絵だったかも分からないですね。少なくともわたしには思い出せなかった。しかも、なんだろーこれ?わかんないし外しとこ!って軽い気持ちでハート外したら探せないからもう二度と戻せないですよね?!(わたしは怖くて外さなかったんですがそうなりますよね?!)のちのち復活してまた公開してたら寂しいしこの制度つらいな〜。ていうかせめてそれが誰のどういうタイトルなのかだけでも教えてくださるとありがたいんだけどな〜!!!!!って思っちゃう。投稿した人のことだけでも追えるじゃん。ていうか投稿者がアカウント自体を削除したらどうなるんだろ。同じ感じになるのか、それとも枠そのものも消えちゃうのかな? 恐怖。てか消えても思い出せなさそうなのが恐怖。申し訳なくなっちゃう。

わたしはpixivの仕組みろくに分からんので検索って滅多にしないんだけど(退会する時に退会の仕方わからなくて#退会 タグの絵を検索しました)、pixivを開くと最初のページに可愛い女の絵がたくさん出てきて、適当に気になったやつ開いてかわいい〜!ぽち!って押すくらいの感覚でハートマークつけてて、だから作者とかあんまりよく知らんし書いてある女の子のキャラクタ自体も知らんのも多い。申し訳ないことなのかもしれないけどいいね欄で非公開になってたとしても絶対記憶辿れない。タイトルがあれば思い出せる「かもしれない」。なんかいいねとかブックマークとかってそんな軽い気持ちのものだっけな〜と心の中のTwitterいいね欄ガチ勢時代の私は疑問に思う時もあるのだが、大体そういう可愛い女の子の絵って何万人単位の大勢がいいね!してるからその中に紛れるならまあいっか。って感じになっちゃう。TWICEとかあいみょんとか藤井風とかそこまで好きじゃないけど流行ってるしみんな聞いてるからなんとなくライブ行ってみた〜!的なかんじで…(?)

でもあの非公開の表示のされ方って結構ショッキングだな〜と思って、少し考えちゃった。というのも自分も非公開にしてるものがたくさんあったから。削除してもいいんだけど何をいつどんなふうに投稿したのか記録として残しておきたいという気持ちが自分的にあり…そしてまた同じくらいの気持ちのウエイトで、公開しても別にいいんだけど、投稿作品欄がめちゃ増えるのも見にくいし古いものから埋もれる感じが好みじゃなくてなんとも…って感じ。どこかに倉庫を作らたいとずっと思ってるけどマジでノロマだから10年後くらいになりそう。できたら今年中にやってしまいたいけど。え?!よく考えたら今年あと4ヶ月しかないな??、??!!

いやでも本当に、サイトというのもいつかはメンテナンスしなくなるし、インタネット上の何かに依拠してしか存在できないものは常に危ういって思っちゃう。提供してくださるサービスが終われば何もしなくても勝手に消えちゃうし。pixivも大変ありがたく利用させていただいてるけどそこにだけ拠って立つやり方はリスクが高いというか、、pixivのことを場所としてそこまで好きではないんだよなあいう気持ちがある。(嫌いとかいやいや使ってるとかではないです。ありがたくつかわせていただいてます)とにかく目が疲れるんだよなpixivって、、なんでだろ。

特にpixivに小説を更新するのが本当にいまだにあんまり好きになれないのですが、なぜかっていうと私がpixivで小説を読む気にほぼ全くなれないので、仮に読んでくださる方がいたら読みにくいだろうな〜申し訳ないなあと常に思っちゃうから。他にも理由はいくつかあるが。まあでもまじでpixivの小説って読む人いないので(読みにくいからだと思いますまじで。いや単に私が弱小アカウントだからってだけかも)、あんまり読む人のことは深く考えずに済むので助かっています。ていうかこんなに読みにくいのに読んでくださって本当にありがとうございます。逆に絵は見やすいしわかりやすいし絵を更新するときは全然何も気にならないんだよな。ただ毎回1枚1枚選択して更新するのがありえんほど面倒だけど。

pixiv様いつもお世話になってます。文句じゃありません。ありがとうございます。

 

なんかつくづくオタク小説を他人が読んでくださるのって不思議だな。永遠に1人で頭狂いそうになった時に小説書いてたから、まじで自分以外に誰も理解できない狂人日記を書いているので、他人が読んで理解できる文章なんだ…??!ってそれにびっくりする。シャブ漬けの狂人なので本当に小説は神様に向けて書いてる。オタク小説書いてる間オタクコンテンツに関して誰にも邪魔されずに好きなだけ考えられるから、寂しいしまじで孤独でつらいけどそれが好き。他人が読んでくださっても読んでくれなくてもどっちでもいいなあ。なんかもしかしたら人に読んでもらわない方が好きなのかもしれないな、心の中でず〜っと自分だけのものにしておけるし