天国

7月が終わるなあ〜

最近まだガリ勉してる!いやほんとにガリ勉好き。ガリ勉こそが人生っていう感じ。死ぬ瞬間までガリ勉したいな。ガリ勉好きだし、生きてるうちに一瞬でも何かをガリ勉したことある人のことが好き。だから何かのオタクってみんな好きだな。

 

 

この間久々に全く理解できん映画を見た。久々にここまでよくわからん映画見たな〜と思い、興味深かった。老婆になると芸術作品ってどんなものでもなにかしらの方法でほんの少しでも理解でき(た気になれ)るんだよね。昔小学生の時、新聞の4コマ漫画の風刺の意味がわからなくて毎朝お父さんにこれどういう意味?って聞いてた、あの頃の気持ちになった。いやほんとに、大人になると、多少むりやりこねくり回したものであっても理屈というものをいやでもどこかで耳にしたら目にしたりするので、ピカソの絵とかバンクシーの絵とかいみわからん壺とか宗教じみたへんな本とかでもここにこういう価値があるんだな〜みたいなこと、多少は理解できるようになるじゃないですか。映画も音楽も、好き嫌いと別にこういうところにこういう魅力があるんだな〜みたいなこと、たいていのものには感じられる老婆になったと思ったけど、まだよく理解できないものあるんだなあ。いや見たときかなり酔っ払ってたからかな。(それだよ)

 

 

これは今朝通勤時で「アバン先生!!!!!(目がハート)」て拾って後で見てみたらハンターハンターの人だったシール

きれいに消毒して拭いてあげた。f:id:loveletter2:20220730013614j:image

今日朝から元気で久しぶりに歩いて駅まで行ったんだけど、道端でこれ拾って、ハンターハンターの特にグリードアイランド編のことを暑い道で日傘さしながら歩いて久しぶりに頭の中でいっぱい思い出した。懐かしくて泣いちゃった。私はハンターハンター キメラアント編のこと宗教じみて好きなんだけど、グリードアイランド編のあのワクワクする不思議な感じ、初めて読んだ時も二回目に読んだ時も三回目に読んだ時も同じ気持ちでワクワクできるあの感じ 大好きで忘れられないなあ ゲームの設定が不思議で非現実的で話として面白いし、そこからゴンの父親っていう大きくて遥かな存在に遠〜〜〜く繋がってゆくのも好きだな 好きっていうか、大好きだなあ

ハンターハンター キメラアント編は話がどう ストーリーがどうとかいうよりこういう精神世界を持った人が今この瞬間この世界に生きていて同じ地平に足をつけて息をして生きている、そういう人が紙にペンとインクでこれを書いたっていうこと、ただそれだけのことにひたすら価値があって泣いちゃうくらい感動するけど、ストーリーとか漫画としてはもうばつぐんに間違いなくグリードアイランドが大好きだな ネウロHAL編と唯一肩を並べられる存在

ハンターハンターって本当に面白い漫画だよね。みんななんでこんなハンターハンターのこと好きなの?!ってたまにびっくりするけど、考えてみれば私もビックリするくらいハンターハンターのこと大好きです。とても。