這いつくばって死んでしまってもキスしてね

瞑想したいが瞑想するために文を打つのも面倒だ〜

最近本当に眠れなくて朝5時まで眠れない。文を打つのも疲れる。文の体裁を保つのもつかれるし無理。脈絡とかも無理。無理すぎて何書きにきたのか忘れたし

改めて謙虚な人が好きだな〜って思うが、好き嫌いってなんなのか本当にいまだに良くわからないところある。いや、好きは明確にわかる。好きというのは私自身なので。しかし嫌いってなんだろ。人って人を嫌いになると意地悪したり悪口言ったりするが、私の人生これまでみてきた中でつちかわれた持論では、「攻撃は嫉妬から生まれる」というのかかなりクリティカルに真理をついてると確信しており、嫉妬ってつまりは好きの極限、羨ましい、その人になりたい、という執着なんだよな。私は人間が好きだし優しいほうの人間なんで(完全にただの自己評価)どんな人間にも良いとこあるし見習えるとか尊敬できるとこ素敵なところがあるな〜と思える。反面、あんまし多くの人に深く干渉しようと思わない方で、それを無関心だと思われる時もあるかもしれない。翻ると多分私自身がそこまで深く干渉されたくないから、人にもそうしているのかもしれない、そういう見方もできる。人に優しくするというのは、自分がされたら嬉しいなと感じることをすることだと思うから。そういう具合なので、あんまり強く他人を嫌ったことがない。嫌われたことなら普通に山ほどあるけど、向こうがこちらを嫌うことは、こちらが向こうをどう思うかには、あんまり関係がないと思う。例えば私を嫌って私に意地悪してくる人は、私以外の人にはとてもとても優しい場合もあるし、私から見たその人がその人の姿の全貌ではないと思うので。まああんまり酷い意地悪とかイジメってされたことないけどね。かなり昔バイト先の偉いババアにいじめられたことあるけど、聞かれたから出自について答えたのが、たまたまその方のコンプレックスに触れたらしく、次の日から朝来たらデスクに文字通り山ほど仕事積まれるようになって、こんなわかりやすい意地悪あるんだ…。とびっくりした。というか皆引いてた。学生のバイトだったんですけど、私が若くて可愛いうえに頭がいいから嫉妬したんだろな、コンプレックスを持ったまま老いるってかわいそうだなあ、と思った覚えがある。(花畑の頭)

考えれば人を嫌ったことが本当にないな。わからん、忘れただけかもしれないけど、記憶にない。だけど嫉妬したことは何度もある。頑張っても頑張っても絶対かなわなくて、絶対届かなくて唇噛み締めて血が出るくらい腸が捩れて死ぬくらい苦しくてご飯も食べられないくらい、その人のことが羨ましくて、大好きでその人になりたくてたまらなくて、なんでこんな人がこの世界にいるんだろう、どうしたらこんな人になれるんだろう、この人のこと生まれてから今までの全部が知りたい、この人の近くにたまたま生まれた人のことが心底羨ましい、と思って夜も眠れないほど、思い出すだけで胸が苦しくなるくらい、好きが高じて存在に嫉妬したことある。どんなに頑張っても届かない夢に挫折したこともあるし、それが叶えられた人のことが、泣いちゃうくらい羨ましくてたまらなくなったこともある。そういう感情、うまく言葉にできないし、言葉にしてしまうと恥ずかしいし浅ましいし、自分でもうまく消化できない。けど少なくともそれをその相手に好意にしろ悪意にしろ、直接アクションとして働きかけようとは決して思えない。私個人で一人で勝手に心の中で思うだけ、それがいつか成長や向上の糧になってゆく気がするし、実際そうやって前に進んできたなあ、と思い返せばそんな気がする。なんにせよ、嫉妬と嫌いって、真逆だよな、ということを思う。嫌いってなんだろ、無関心というのもまた違うと思うし、嫌いな人をあげろ、と言われると、私は凶悪殺人鬼とか性犯罪者とか汚職政治家とか漠然としたそういうやつしか思いつかない。そういう人ももし、身近にいたら、嫌いじゃない可能性がある。罪悪と人格は切り離されてしかるべきだという考え方もあるし、わからん。もちろん、考え方が違うな、合わないな、と思う人はいるが。ここで冒頭に戻ると、私は謙虚な人が好きだ。目立ちたがり屋で目に見える数字にこだわりそれを誇示してまるで偉そうに振る舞う人や、やたらと自分はこういう人間だ!と自らアピールする(しかも多くの場合実際真逆)人物類型をあまり好ましく思えない。品がないし、キモいし、ダサいので。でもそういう人は目立つので多くの人に支持される。それはそれで多くの人が魅力的に感じるということで、そういう振る舞いができることはそれだけでひとつの秀でた能力だ、と評価できる。私の思う理想のタイプとは違うけど、良い悪いは分からないし、私自身に関係のないことなので好き嫌いも決められない。自分はこうはなれないし、ならないなあと思うくらい。嫉妬もしないし、でもあまり見てて心地よい言動じゃないことが多いのでいつもたくさん目にして賛同したいとは思わないけど、普通に楽しく過ごして下さるよう幸せを祈っています。決して嫌いじゃない。実際、関わったって多分嫌いにならない。そういう価値観で動くひとまわりにわんさかいるし、みんな嫌いじゃない。価値観がそっちなんだなあ、と思うだけ。

して、私の好きなタイプの謙虚な人は、すぐいなくなる。これがとにかくまじで悲しい。私がそこまで興味のない、目立ちたがり屋の人ばかりは残るし、何でもかんでも発信するが、本当にずっと見ていたい人は何も教えてくれないし一人で勝手にいなくなっちゃう。本当に悲しいことだ。だけどそういう決断をするような精神の人が好きなので、仕方がないな、と思ってしまう。私の好きな人が突然目立ちたがり屋に変身してめちゃくちゃすげ〜ノリノリの宣伝活動しはじめたら、なんか変わっちゃったんだな…って思っちゃうかも。わからないな。判官贔屓というか、そういう心理も働いているのかもしれない。謙虚な人が好きだが、もっと実力相応に目立ってほしい、と思う。だけど本人はきっとそれを望んでないし、例え望んでいたとしても、私個人にできることは限られている。

古いアパートのベランダに立ち僕を見下ろして少し笑った

寝ても寝ても眠い。

最近本当これに尽きます。寝ても寝ても眠い。っ ̫ -˘ 寒いより全然マシなんだけど夏なのに夏らしいことしてないから夏の良さもあんまり感じられてないんですよね!!!!!!!はー海に行きたいっ ̫ -˘

 

ブログ毎日書くのすっかり忘れてました。もう書き方忘れて新規投稿どこからやるのか探すのにしばらく時間かかりました。まじでバカ。アプリだからログインするのに手間が入らないのが本当に唯一の救いです。pixiv sketchもそのおかげで続けてるようなところあるからな…

 

ところで!

さっきpixivに特に意味もなくログインしたんですが(マジで珍しい行為)、しかもパスワードいまさら記憶定着してきて珍しく一発ログインできたので横断歩道とかダンプカーとかを選ばずに済んだのでハッピーだったんですが、はじめて!!!ハートマーク押した後それをどこで見返せるのか分かりました。大成長。ていうかまじでわかりにくくないですか?!わたしはTwitter熱心にやってた頃はいいねしたツイートのことめちゃくちゃ好きだからTwitter開くたびに自分のいいね欄見てたしいいねしたツイートが多くなりすぎると見返せなくなるから必ず100を超えないように調整してました。フォロー数フォロワー数とか何も考えず何も把握せず適当にやってたけどいいね欄に関してだけはガチ勢だった。今Twitterあんまり見てないけど、Twitterで知らない人のアカウントこの人どういう人だろ〜って見てみたい時絶対その人のいいね欄見ちゃいます。人間って何を好きかで出来てると思いませんか??!好き嫌いって人間だけの感情だと思うので。私はそう思っています。🌷🌷なので自分がハートマーク押したものってもっと何度も何度も見返しやすい仕様にしてほしいけどな〜。利用者の大多数はそういう感じじゃないのかな。そんな暇もないかあ、新しい情報はとてつもないスピードと量で常にやってくるしなあ。なんにせよpixivについてまだまだ無知すぎてやばいなと改めて思いました。いまだにハートマークとにっこりマークの違いわからんし、フォローすると何がどうなるのかわからんし、多分しばらく使ってなかったから10年前くらいに通知を全部オフにしたらしくて通知欄なんも来ないからまじでなんもわからん。できたら通知をオンにしたいがどこでするのかわからんしわざわざ調べて頑張るほど通知の必要性も感じない。(弱小アカウント)

通知欄昔うさぎのマークじゃなかったですか…?本当に10年前くらい。あと星が10個並んでて評価みたいな制度があって間違えて1とか押しちゃうと直せないからほんとにすみません!😭😭😭😭によくなってた。全然よく覚えてないから幻覚の記憶かも。

それで、自分がいいねした絵を自分で見て初めて知ったのが、非公開になったやつっていいねした人からはこんなふうに表示されるのか〜!ということ!これじゃ元々何の絵だったかも分からないですね。少なくともわたしには思い出せなかった。しかも、なんだろーこれ?わかんないし外しとこ!って軽い気持ちでハート外したら探せないからもう二度と戻せないですよね?!(わたしは怖くて外さなかったんですがそうなりますよね?!)のちのち復活してまた公開してたら寂しいしこの制度つらいな〜。ていうかせめてそれが誰のどういうタイトルなのかだけでも教えてくださるとありがたいんだけどな〜!!!!!って思っちゃう。投稿した人のことだけでも追えるじゃん。ていうか投稿者がアカウント自体を削除したらどうなるんだろ。同じ感じになるのか、それとも枠そのものも消えちゃうのかな? 恐怖。てか消えても思い出せなさそうなのが恐怖。申し訳なくなっちゃう。

わたしはpixivの仕組みろくに分からんので検索って滅多にしないんだけど(退会する時に退会の仕方わからなくて#退会 タグの絵を検索しました)、pixivを開くと最初のページに可愛い女の絵がたくさん出てきて、適当に気になったやつ開いてかわいい〜!ぽち!って押すくらいの感覚でハートマークつけてて、だから作者とかあんまりよく知らんし書いてある女の子のキャラクタ自体も知らんのも多い。申し訳ないことなのかもしれないけどいいね欄で非公開になってたとしても絶対記憶辿れない。タイトルがあれば思い出せる「かもしれない」。なんかいいねとかブックマークとかってそんな軽い気持ちのものだっけな〜と心の中のTwitterいいね欄ガチ勢時代の私は疑問に思う時もあるのだが、大体そういう可愛い女の子の絵って何万人単位の大勢がいいね!してるからその中に紛れるならまあいっか。って感じになっちゃう。TWICEとかあいみょんとか藤井風とかそこまで好きじゃないけど流行ってるしみんな聞いてるからなんとなくライブ行ってみた〜!的なかんじで…(?)

でもあの非公開の表示のされ方って結構ショッキングだな〜と思って、少し考えちゃった。というのも自分も非公開にしてるものがたくさんあったから。削除してもいいんだけど何をいつどんなふうに投稿したのか記録として残しておきたいという気持ちが自分的にあり…そしてまた同じくらいの気持ちのウエイトで、公開しても別にいいんだけど、投稿作品欄がめちゃ増えるのも見にくいし古いものから埋もれる感じが好みじゃなくてなんとも…って感じ。どこかに倉庫を作らたいとずっと思ってるけどマジでノロマだから10年後くらいになりそう。できたら今年中にやってしまいたいけど。え?!よく考えたら今年あと4ヶ月しかないな??、??!!

いやでも本当に、サイトというのもいつかはメンテナンスしなくなるし、インタネット上の何かに依拠してしか存在できないものは常に危ういって思っちゃう。提供してくださるサービスが終われば何もしなくても勝手に消えちゃうし。pixivも大変ありがたく利用させていただいてるけどそこにだけ拠って立つやり方はリスクが高いというか、、pixivのことを場所としてそこまで好きではないんだよなあいう気持ちがある。(嫌いとかいやいや使ってるとかではないです。ありがたくつかわせていただいてます)とにかく目が疲れるんだよなpixivって、、なんでだろ。

特にpixivに小説を更新するのが本当にいまだにあんまり好きになれないのですが、なぜかっていうと私がpixivで小説を読む気にほぼ全くなれないので、仮に読んでくださる方がいたら読みにくいだろうな〜申し訳ないなあと常に思っちゃうから。他にも理由はいくつかあるが。まあでもまじでpixivの小説って読む人いないので(読みにくいからだと思いますまじで。いや単に私が弱小アカウントだからってだけかも)、あんまり読む人のことは深く考えずに済むので助かっています。ていうかこんなに読みにくいのに読んでくださって本当にありがとうございます。逆に絵は見やすいしわかりやすいし絵を更新するときは全然何も気にならないんだよな。ただ毎回1枚1枚選択して更新するのがありえんほど面倒だけど。

pixiv様いつもお世話になってます。文句じゃありません。ありがとうございます。

 

なんかつくづくオタク小説を他人が読んでくださるのって不思議だな。永遠に1人で頭狂いそうになった時に小説書いてたから、まじで自分以外に誰も理解できない狂人日記を書いているので、他人が読んで理解できる文章なんだ…??!ってそれにびっくりする。シャブ漬けの狂人なので本当に小説は神様に向けて書いてる。オタク小説書いてる間オタクコンテンツに関して誰にも邪魔されずに好きなだけ考えられるから、寂しいしまじで孤独でつらいけどそれが好き。他人が読んでくださっても読んでくれなくてもどっちでもいいなあ。なんかもしかしたら人に読んでもらわない方が好きなのかもしれないな、心の中でず〜っと自分だけのものにしておけるし

君がゆく長いこれからを その一つを教えられたなら

こんにちは!まじ暑いがお元気ですか。私は元気です。

この間は夢に広瀬すずちゃんが出てきましたよ!かわいかったなあ。

 

 

昨日の夜どうしても急いで書きたい文章があって、寝ながら書いてたんだが、まじでラリっててたった一文書くのになんか4時間かかった。(?)眠くて眠くて書き直しまくってて、結局書かなくて寝落ちしてた。まじで精神障害者かと思った。ここのところ本当に何故か寝つき悪すぎてすごい。一文書くのに4時間かかるのは普通に考えて寝つきだけの問題じゃないけど。なんでかな。

最近暑くて元気で遊びまくってるので毎日飲酒してて普通にそれが原因もしれん。(いやそれだよ)

 

 

 

少し前にぶどう狩りにいった〜🌟

f:id:loveletter2:20220810084314j:image

ぶどう超取った。

f:id:loveletter2:20220810083024j:image

ぶどうに皆さんが名前の札つけて予約してるんだけど、短冊みたいでなかなか風情がありました。去年の七夕は仙台にいたような気がするが、今年の七夕何してたっけなあ。

 

 

 

養分

今日も夢見た。忘れないうちに書いておこ。髪が長くなって切り忘れた一束に電気コードのゴム?がついてる夢だった。(クソ意味なし要約)

 7秒らしい。嫌な夢を忘れるために必要な時間。目が覚めて、7秒間、今見た夢の内容と全く別の物事を考える。そうすれば記憶されないらしい。ソース不詳。覚えてない。

たしかに夢ってすぐ忘れる。生きるのに必要ないからだろうな。(むしろだからこそ意識から消し去ってて夢として出てくるんだと思う)。小学生のとかとか毎日のように夢みてたけど、朝起きた時はウワ〜!ヤッバ!ってやたら興奮して一生忘れられん!!!になるけど、昼過ぎくらいには普通に思い出せなくなってた。

夜に見る夢のこと本当に不思議だなとつくづく思っているが、大人になってからはあんまり見ない。寝てる間にものごとを考えない頭空っぽの老婆になったのもあるだろうし、夢に教えられる前に自分のこと自分でほとんど考えられるようになってくるんだと思う。だからこそ、時々夢の中で浅ましい今でも諦められない自分の願望をまざまざと目の前にかざされると、ああ〜、はい、そうだよね。。という気持ちになる。自分でも分かってるよ〜ᐡඉ́  ̫ ඉ̀ᐡと言いたいが、分かってないので、夢に出てくる。コンプレックスというと違う受け取り方をされそうだが、心の執着や恐怖心と向き合うのは難しい。なかったことにしたいものだな それも含めて今の自分だと思えば致し方ないけど、何で時間って巻き戻せないんだろ。積み上げることしかできないって本当に本当に不思議。記憶を消す方法が肉体ごと壊す以外に確実なものが一つもないのって本当にバグだよ。世の中はこんなにデジタルなのに。

まあそれはそれとして、夢って荒唐無稽なのですが、私が作ってるから、他の誰に分からなくても私にはめちゃくちゃ意味が分かる。今日の髪を切り忘れて残った束に絶縁カバーついてたのも、私には意味が分かる。昨日の夢もわかるし、その前に見た夢も分かる。それめちゃくちゃ辛いよな。なんてばかでカスでゴミで何も出来なくて弱虫で浅ましいんだろってあらためて思っちゃう。自分のことを

つらいこともかなしいことも糧にして生きていけたらいいなあと思うけど、普通に考えてまだまだ難しい 生きてる間に素敵な人間になれたらいいなあと思うけど、死ぬその時まで何もわからない いつかは死ねるし生きてる限りはいろんなことを経験してがんばろう。

くすりをたくさん

今日久しぶりに夢を見た。とても現実らしい夢だった、目が覚める瞬間の直前まで夢の中にいた。今のが夢だった、ということを自分の脳に認識させるのに、起きてからしばらく時間がかかった。

久しぶりにあんなリアルな夢を見たなあ。しかし夢って本当に不思議だな。脳のどこの工場で作られてるんだろうといつも思う。紛れもなく私自身が作ってるのに見るとビックリするから馬鹿みたい。

 

今日の夜2000年ぶりにピアノ弾いた。人の家に行ったら、その人に以前あげた、小学生の頃の私が使ってた楽譜があったから。楽譜といってもまじで「はじめてのバイエルII」みたいな(?)やつ。弾いたら余裕で弾けたからちょっと引いた。というのも、私は昔10年くらいピアノを習っていたんだが、マジでヘタクソすぎてねこふんじゃったすら弾けなかった。マジでマジでどヘタクソだった。毎週毎週先生にまだ合格は出せないね〜って言われてやる気無くして好きでもない同じ曲何ヶ月も弾かされてた。なのに、2000000年ぶりに弾いても余裕で弾けるほど簡単な曲だったことに引いた。幼女の私どんだけどヘタクソのドカスだったんだろ。理解不能 ナスカの地上絵より世界七不思議

しかし今日弾いたのは電子キーボードでフォルテもピアノもスタッカートもできなくてペダルもなかった。ていうかあと爪が長くて弾きにくかった。なんだか、私からすると、デジタルのお絵かきってこういうかんじだなあ、とつけペンの感触を懐かしく思ったな。(頭とっ散らかり女)

いやデジタルも線の強弱なんてつけペンよりずっと誰にでも綺麗に出せるのももちろん理解していますが❕あと爪の長さはいい加減スマホ指描きをやめればいいっていうのもわかっています

私がずっと、アナログが大好きだな〜って思うのは、懐古主義なところもあるし、あと1番のいいところは「UNDOコマンドがない」というところ。思い切れるし、なんていうんだろ、諦めがつくというのかな。爆笑 線一本描くときの気持ちの重さを調節できる。特に輪郭描く時の軸への力の込め方と抜き方、恋しいです。髪の中の細い線を丸ペンで増やしていく時の感じも好き。漫画の絵を描いてるなって気持ちになる。デジタルとの対比で考えるとどこにもconnectしていないところがいいのかもしれん、とにかく一人で描いている!の没入感がある。UNDOできないこともひたすら進むしかないから没入感に繋がる。あとはやっぱり懐古厨だから、絵を描くことに必死に夢中になれた頃の気持ち、あの没入感を好ましく思い出せる。本日のキーワードは没入感かな、、

そういえば本当に、本日の夢も没入感がすごかったな。まじで懐かしい人物が登場した、もう会うことも話すこともなさそうなのに、接点の全くない3人で喋ってた。しかもそれぞれの人物の設定が全体的に現実と微妙に違ってたし、夢を見ている間それら全てに対して違和感の一つも覚えないのもうけるし、目が覚めるまで全然おかしいともまさか現実じゃないとも思ってないから、起こされて目が覚めたときに逆に超びっくりする。いやほんとに、もしこっち側が夢なら、私が夜の23時にゴミ部屋でジェラートピケのパジャマ着てワンピース9巻読みながらスマートフォンはてなブログ書いてるのもなんかマジで本当はありえない意味不明行為だったりすんのかな〜とか考えちゃった。もしかしたら本当の現実では人類は皆ゾンビになって滅んでて人間は巨大化したバッタとかに支配されて飼われる家畜で服を着るなんてありえないしスマートフォンを使える知能があるわけない存在だったりするのかもしれん。(?)寝ているときに見る夢の荒唐無稽さを考えるとそういうこともありえる。だって夢の中でも性格とか考え方とか自分は自分なのにその中で起こること何一つおかしいなんて思ってないんだもん。いや!まあわたしがヤバイ人間なのはそれ以前の問題であるとしても(ゴミ部屋、大人なのに漫画で号泣、2022年に一人でゆうゆうはくしょの長文ブログ など…他多数)人間みんな頭おかしい可能性があるが夢から覚めない限りは分からないから仕方ないな。みんな人には理解できない夢を見ている。だから生きていけるよね。みんなキチガイなので他人には優しくしようと改めて思いました。

静かに夢の国 そろそろ雪がそっと降り出している

去ってしまった人のこと もういない人のこと面影や思い出や記録だけ見て惜しむことって本当にかなしいなって思う。こういうことするのって人間だけだな。本当に昆虫やネズミに生まれたかったが、昆虫やネズミにも昆虫やネズミなりのエモーションがあるのかもしれないし難しいな。なってみないと分からないな(真面目)

消える時は絶対足跡を残さずに消えないとって感じる。これまでもそうしてきたし、改めて感じる。インターネット廃墟って本当によくないって思っちゃう。その感覚が古いのだろうか。書物は廃墟が当たり前なので(出版されて人手に渡ったものを一斉手直しはできない。次の版までは)書物はどんなに古くても寂しくないのに、むしろずっとずっとそばにいてくれる気すらするのに、インタネット廃墟は本当にメンタルに来る。手直しできるから、会社や人手や手数を挟まないからかなあ、ブラウザひとつですぐ向こう側に自分と同じ形状の人間が同じものを見ていると感じられるからかなあ、つまり個人としての距離感が近いからかなあ、と思うけど、明確な原因解明に至らない。インタネット廃墟恐怖症。管理の行き届く間なら絶対廃墟を作らないように生きてきたつもりだけど、だけど廃墟でも残して欲しい!という人もいるだろうし、私みたいに管理不行き届きで意思に反して廃墟を作り出してしまう人間も多いだろう(というか廃墟のほとんどが多分それだよなあ)。そう考えると、廃墟を作らない人は、本当にまだ少しは好きなうちに、きちんと覚えているうちに整理をしている人だから、そういう人の方が本当は優しいのかな、と思っちゃう。その真逆の、あ、すっかり飽きて存在忘れてて消すのも忘れてた。みたいな人が実際には多いのだと思うので。

だけどどうなのだろ、人間として残ってほしくないなあ、私は、寂しくなってしまうので。2008年で更新の止まったブログなどを見ると、今この人もこの瞬間どこかで呼吸をしているのかな、と遠く思いを馳せる癖がやめられない。書籍や書体、画、というケイシキになって残ってくれたら、寂しくない、いつでもその時のその人に初めて出会えるから、ありがたいって私は思っちゃうな。だけど知らん人に人間やめてくれって頼むのも無理、というか無体な話。私は割と、ラインの履歴とかも消えても全然okなほう、実体ある人間のことは実体側しか信じない。インタネットは実体とケイシキの狭間すぎて、廃墟の取り扱い方が心の中でいまだによく分からない。自分で自分のことを、古い人間だとも新しい人間だとも思う場面があるが、どちらの価値観も必要だな、と常に感じている。その線引きを迷わずにできるような大人になるための勉強中と思えばインタネット廃墟に出会うくらい無料でできるから何度やったってokだな

天国

7月が終わるなあ〜

最近まだガリ勉してる!いやほんとにガリ勉好き。ガリ勉こそが人生っていう感じ。死ぬ瞬間までガリ勉したいな。ガリ勉好きだし、生きてるうちに一瞬でも何かをガリ勉したことある人のことが好き。だから何かのオタクってみんな好きだな。

 

 

この間久々に全く理解できん映画を見た。久々にここまでよくわからん映画見たな〜と思い、興味深かった。老婆になると芸術作品ってどんなものでもなにかしらの方法でほんの少しでも理解でき(た気になれ)るんだよね。昔小学生の時、新聞の4コマ漫画の風刺の意味がわからなくて毎朝お父さんにこれどういう意味?って聞いてた、あの頃の気持ちになった。いやほんとに、大人になると、多少むりやりこねくり回したものであっても理屈というものをいやでもどこかで耳にしたら目にしたりするので、ピカソの絵とかバンクシーの絵とかいみわからん壺とか宗教じみたへんな本とかでもここにこういう価値があるんだな〜みたいなこと、多少は理解できるようになるじゃないですか。映画も音楽も、好き嫌いと別にこういうところにこういう魅力があるんだな〜みたいなこと、たいていのものには感じられる老婆になったと思ったけど、まだよく理解できないものあるんだなあ。いや見たときかなり酔っ払ってたからかな。(それだよ)

 

 

これは今朝通勤時で「アバン先生!!!!!(目がハート)」て拾って後で見てみたらハンターハンターの人だったシール

きれいに消毒して拭いてあげた。f:id:loveletter2:20220730013614j:image

今日朝から元気で久しぶりに歩いて駅まで行ったんだけど、道端でこれ拾って、ハンターハンターの特にグリードアイランド編のことを暑い道で日傘さしながら歩いて久しぶりに頭の中でいっぱい思い出した。懐かしくて泣いちゃった。私はハンターハンター キメラアント編のこと宗教じみて好きなんだけど、グリードアイランド編のあのワクワクする不思議な感じ、初めて読んだ時も二回目に読んだ時も三回目に読んだ時も同じ気持ちでワクワクできるあの感じ 大好きで忘れられないなあ ゲームの設定が不思議で非現実的で話として面白いし、そこからゴンの父親っていう大きくて遥かな存在に遠〜〜〜く繋がってゆくのも好きだな 好きっていうか、大好きだなあ

ハンターハンター キメラアント編は話がどう ストーリーがどうとかいうよりこういう精神世界を持った人が今この瞬間この世界に生きていて同じ地平に足をつけて息をして生きている、そういう人が紙にペンとインクでこれを書いたっていうこと、ただそれだけのことにひたすら価値があって泣いちゃうくらい感動するけど、ストーリーとか漫画としてはもうばつぐんに間違いなくグリードアイランドが大好きだな ネウロHAL編と唯一肩を並べられる存在

ハンターハンターって本当に面白い漫画だよね。みんななんでこんなハンターハンターのこと好きなの?!ってたまにびっくりするけど、考えてみれば私もビックリするくらいハンターハンターのこと大好きです。とても。